建物は、その用途、材料の選定によってかなりの違いが出てきます。ご予算内でのバランスのとれた最高をお約束いたします。

TOPに戻る

多くの建築主が、透明化された情報の下に自分の夢を実現できるサポ−トを望んでいます。
それにはいままでの建築設計事務所というスタンスでは不透明であり「良いものをより安く」建築主に提供できません。
日本ではまだなじみのうすいCM(コンストラクションマネ−ジメント)として建築主側に立ってよりよい快適な居住空間を
プロデュ−スします。日本の環境では欧米のようなCM手法ではまだまだ受け入れられません。
日本型のCMとして建築主の夢を実現に向けてアシストします。

施工計画、施工図、使用材料の承認、各種検査、試験の立ち会い、工程会議等、建物の品質確保には非常に重要な業務です。
監理の程度は選べます。

施工図という概念の監理業務は欧米にはありませんでした。しかし日本の施工図の素晴らしさに気付き最近では欧米でも施工図作成提出を契約時に義務づけています。
設計図面の質の低さもあるのですが施工図の必要性が改めて見直されています。施工図なしでは質の高い建物はできません。
施工図担当社員や外注現場常駐員を置くよりはるかに現場管理費の経費削減につながります。

施工監理業務
CM業務(コンストラクションマネージメント)
施工監理業務

T.P.Cはプロフェッショナル集団のネットワークによる新しい形の総合的な資産形成コンサルティンググループです。

平成6年に8名8事務所で設立以来、定期的に研究会を開き数々の物件でお客様のニーズに正確かつ迅速におこたえしてきました。個人、法人を問わず資産形成には欠かせないそれぞれの部門のプロがネットワークを通じて、最短距離、最小経費になるよう運営しております。部分的でささいなことでもお気軽にご相談下さい(相談無料)